だんぼっちマスターへの道Ⅵ~吸音材の比較と決定【解体図あり】

だんぼっち

おはようございます~ひらがな?カタカナ?日良方かなです!

ここまで3回にわたってだんぼっちの吸音材について考えてきましたが、

この記事ではだんぼっちの解体図を作って、

吸音材の値段を比較しながら何を購入するのか決定します!

前回の振り返り

 

前回の記事「だんぼっちマスターへの道Ⅴ~吸音材の候補その2」では

5つの白色吸音材を候補に挙げました。

そして大きな気付きを得る!!

「必要な枚数がわからないと、金額の比較が出来ない…!!」

吸音材の大きさってメーカーごとにバラバラだもんね。

ということで、作りました!だんぼっちの解体図。

だんぼっちの解体図

 

はいどーん!

・・・見づらい!?

見づらいですよねごめんなさい~!だってWordだもの!

IllustratorとかPhotoshopとか使えない人間なりに頑張りました~!

(また別記事で見やすく作り直すかも・・・)

直方体と展開図を作り、各辺は20分の1倍に縮尺してあります。

例えば147cmは73.5mm、73cmは36.5mmという風に。

この図に同じ比率で作った吸音材を重ねながら、必要な枚数を調べてみます。

 

吸音材毎の想定図

SONEX吸音材(61×122cm)は6枚必要

SONEX吸音材の一番多いサイズで、一枚置ける箇所、

難しそうなら半分に切ったサイズの図形を用意。

展開図に重ねながら、壁ごとに設置するスペースを考えます。

この場合は合計6枚の吸音材が必要そうですね。

ロックウールボード(60.5×91cm)は9枚必要

前々回の記事で紹介したロックウールボードも同様に

解体図の上から貼り付けます。

60.5×91cmのロックウールボードの場合は9枚必要ですね。

安いと思っていたロックウールボードだけど、

枚数がたくさん必要なのであれば高額になってしまうのでは…!?

ホワイトキューオン(91×182cm)は5枚必要

東京防音株式会社様で販売されている「ホワイトキューオン厚み50mm」についても検討。

こう並べてみると、SONEXやロックウールよりかなり大きい!

合計5枚あれば十分足りそうです。

枚数ごとのセット販売があるので、これを使えばとってもお得。

が、サウンドハウス様とは違い別途送料が必要なのでご注意を。

 

・・・以上の図から、各吸音材の必要な枚数が分かりました。

この図を基に、吸音材の必要枚数・値段の比較をしてみます。

吸音材・種類ごとの値段比較

値段の降順表を作ると一目瞭然!

ロックウールボードが意外と高いこと、ピラミッド型が結構お買い得なこと、

ホワイトキューオンの送料がバカにならないことなどが分かります。

図を作るのめちゃ大事だった~!!

ここから私、日良方かなが最終的に選んだ吸音材が・・・!

選んだのはSONEX-SOC2

「SONEX ( ソネックス ) / SOC-2 White Melamine 8枚入 61cm x 122cm」

こちらに決めました!

最安値だった「SONEX-VLW53」と迷ったのですが、

厚みがビミョーに5cmないこと

SOC2の方が吸音材の余りが多そうなのが決め手でした。

また品名を検索すると、

SONEX/SOC-2を使ってらっしゃる先人たちを数名発見!

非常に参考になり助かりました。

 

まとめ

 

長考していた吸音材、やっと決めました!

これから照明や椅子などもそろえ、より快適なだんぼっちライフを追求します。

読者の方に少しでもこの記事が役立ちますように。

日良方かなでした~またね🐥

コメント

  1. […] 「だんぼっちマスターへの道Ⅵ~吸音材の比較と決定【解体図あり】」 […]

  2. […] (詳しくは「だんぼっちマスターへの道Ⅵ~ […]

タイトルとURLをコピーしました